2012年8月7日出発!西回りで地球をぐるっと。▶︎2013年3月帰国しました。
 

 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

 

 

 

 
リアルタイムはカンボジア、シェムリアップ!

すでに一週間と3日が過ぎました。

ランキングに参加してます*
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

***********************


ドンデット島には、2つのストリートがある。

その名も“サンライズストリート”“サンセットストリート”

どちらも細長い道で、両脇にバンガローが立ち並んでいます。


宿を決めた後、天気も良かったのでサンセットストリートをひたすら歩いてみることにした♪

ドンデット-ラオス(再)- 042

空を見上げると、わたしの大好きなヤシの木がたくさん・・・★

ドンデット-ラオス(再)- 048

静かで、ゆるやか~な時間が流れております*

ドンデット-ラオス(再)- 079

通りに並んでいるバンガローもなくなり、なお歩き続けると・・・・・・

村の子供たちに遭遇★

ドンデット-ラオス(再)- 071

写真を撮ろうとすると、わざわざ前後になってポーズを決めてくれる子たちも♪ 

ドンデット-ラオス(再)- 051

これまでのラオスの子供たちは恥しがり屋さんが多かったけど、ここドンデット島の子供たちは、かなり人懐っこい★

ドンデット-ラオス(再)- 077

ドンデット-ラオス(再)- 078

ばっちりカメラ目線できてくれます♪ 可愛すぎてとろけそう*

ドンデット-ラオス(再)- 070

散髪中の男の子。

ドンデット-ラオス(再)- 060

カメラを預けると、素敵な写真を撮ってくれたよ!さんきゅ~★

ドンデット-ラオス(再)- 063

久しぶりに子供たちと触れ合えて、なんだか心がほわ~*っとなりました。

そして、子供が欲しくなりました。笑

お相手してくれてありがとう★

ドンデット-ラオス(再)- 061

良い写真も撮れて、満足したので宿へ帰る。

夕飯には、宿前のレストランでフライドライスを注文*

ドンデット-ラオス(再)- 036

東南アジアならどこにでもあるフライドライス。

初めての国を訪れたときは、無難でチープな一品です★

私はもっぱら、ヌードルスープから入りますが◎


旅に出てから、食べることの幸せをひしひしと感じます。

そしてお料理上手になりたいと最近よく思う。

食べるなら美味しいものが良いし、美味しいと言ってもらいたい・・・★

日本に帰ってからの、旧サークル仲間との多国籍料理パーティー

俄然楽しみだ*



□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

ランキングに参加しています*
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ワンクリックして頂けたら嬉しいです。
□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□





 
スポンサーサイト

 

 

 

 
リアルタイムはカンボジア、シェムリアップ!

ボランティアに参加したりで、10月まで滞在します。

ランキングに参加中*
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

**************************

サバナケットからパクセーまで、途中何時間かの休憩(お眠りタイム)も含め約12時間。

到着したのはバスターミナルではなく、全く見知らぬ土地でした。

予想以上に移動に時間がかかったことと、雨の攻撃でテンションだだ下がりの中バスを降車。


パクセーに一泊する予定だったので、近くの売店のおばちゃんにゲストハウスはあるかと聞くと、「遠いから歩いてはいけないよ!」と(>_<)

はぁぁぁ~~~~と落胆しながらも、バスの中に西洋人らしき3人組が乗っていたことを思い出した。

急いでバスに戻り、彼らに行く先を尋ねると、同じドンデット島を目指しているとのこと!★

よっしゃぁぁぁぁ!!!!と思い、勝手についていくことに決定。笑

追加料金500円を運転手に支払い、直接ドンデット島近くまで向かうことにした*


バスに揺られること約2時間、運転手曰くドンデット島近くのDON KONGに到着!ベルギー人3人組とわぁーいと喜びながらバスを降りる。

そして、船着場まで行ってドンデット島までの距離と料金を尋ねた。


・・・・・

へ・・・・・?

・・・・・

「メコン川上10キロメートル、ボート一台3000円デス。」

貧乏パッカーの私たち4人は唖然とした。

もちろん、熱心な値段交渉に突入!しかし相手は手強く・・・・・・完敗。

くーーーーーっ!と思いながらも、目の前に広がる川は渡るしかなかったので、4人でシェアすることとなった。

ドンデット-ラオス(再)- 013

ボートが走り始め、川上から見える景色も結構いいじゃ~~~ん★と思った。


のも、つかの間。

あまり変わらない風景に飽き、眠りかけておりました*笑


そして念願のドンデット島到着!!!!!!!!

ドンデット-ラオス(再)- 261

彼らのおかげで、無事たどり着けました★

ドンデット-ラオス(再)- 024

ありがとうアントニー、フレッド、リヨン!!!!

ほんとに3人兄弟かと思ったよ★


私がちょこっとだけネット上から仕入れた情報によると、ここドンデット島は水道さえ通っていない・・・・はず・・・・!?
しかし、船着場から見える景色はレストランや売店ばかり。

あれれれれーーーー??? 想像と違う。

どうやら、かなり前の情報を見ていた模様。


島に入って一本道をまっすぐ進み、分かれ道で日本語も話せる青年に声を掛けられ、宿を勧められた。

彼と彼のお姉さんで取仕切っているゲストハウス。その名も“SEANG THAVAN GH”

部屋は清潔で、お姫様みたいな蚊帳付き。そして入り口にはハンモック♪

1泊300円を、2泊滞在で250円にしてくれるとのことで滞在決定!

宿と提携している目の前のレストランは、絶好の夕陽ポイントだった。幸せ★

ドンデット-ラオス(再)- 033

超、スローライフのはじまり はじまり。



□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

ランキングに参加してます*
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
クリックよろしくお願いします^^

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□ 

 

 

 

 
リアルタイムはカンボジア、シェムリアップ!

ボランティアに参加したりで、10月まで滞在します。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

*************************

ホイアンに一泊だけ滞在し、翌日のお昼にはフエ行きのバスへ乗り込んだ。


次の目的地は、待ちに待った“シーパンドン”

その中でもバックパッカーに人気のドンデット島を目指します。


ホイアンからフエに戻り、元々滞在していたゲストハウスでラオス国境の町、サバナケットまでのチケットを購入!

ローカルバスで挑戦したいとも思ったけど、バスステーションが遠かったのと、どこにあるかもわからなかったので断念・・・

やっぱり、地図だけはもっといた方が断然効率がいい。

さまよい歩くのも旅の醍醐味だと思うけど、疲れてるときの重たいザックは拷問のように感じる。

またそれが旅らしい!!!とも思うんだけどね!!!笑


フエから国境サバナケットまで約4時間。

そこから、サバナケットバスステーションまで約7時間かかった。

到着したのが19時すぎで、あたりはもう暗くなってた。

地図は持ってないので、どこにゲストハウスがあるかも分からないし、

まわりのラオス人に聞いても「わからない」という感じ。笑


あ~~~どうしよ~~~しんど~~~と思いながら、バスの切符売り場へ向かうとシーパンドンにわりと近い町、パクセー行きの公共バスがあることを発見!

もうあたりは真っ暗だし、どこに泊まればいいのかも分からなかったので、その夜行バスに乗ることにした。


いざ、バスの中に乗り込んでみると・・・・・・


でーーーーーーーーーーーーーーーーん。
ホイアン-ラオス(再)- 008

なぜか通路に立ち並ぶバイク3台。
その下にはたくさんの肥料や雑穀入った袋の数々・・・

普通に乗車できない。苦笑

しかも皆はやめに自分の席を確保し、食料や荷物を置いている模様。

シートをまたいで席を見つけるしかないか・・・と思っているところに、「ここに座りなよ!」となんとも優しい運転手のおじちゃんの心遣い*

ありがとう><とお礼を言いながら、一番前の席に座り込む。


出発間近の時刻になってきた。

するとベトナム人らしきおばちゃんがバスの中に入るやいなや「そこは私の席よ( ̄‥ ̄)」と。

えぇーーーー・・・と心の中で不満に思いながらもしょうがないかとひとつ後ろのシートへまたいで座る。


すると今度はキャピキャピしたティーンエイジゃーぐらいの2人組みが来た。

「ここ、私たちの席だから一つ下がって(´▽`)きゃきゃッ」


カッティーーーーーーーーーーーン。

疲れてるからといってイライラをあらわにするのはよくない。心の優しい私は「あっ、ごめんね(´▽`)」と笑顔で席を立ち、またひとつ後ろのシートへとまたいだ。

そしてパクセーまでの約12時間の道のりを、となりに座ってきた女の子とペットの犬とお供することになる。

そのわんちゃんに腕や脇をぺろっぺろ舐められながら・・・


続く*



□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

ワンクリックして頂けたら順位が上がります*
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただいてありがとうございます^^

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□
 

 

 

 

 
リアルタイムはラオス、ドンデット島!

もうすぐカンボジアに移動します^^

ランキングに参加してます*
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
****************************

フエに二泊し、さらに南のホイアンを訪れることにした。

バスで約3時間半。ゲストハウスで予約して、片道4ドル*


ホイアンはあの「千と千尋の神隠し」の舞台にもなったといわれている古都。

映画の内容はしっかり覚えてないけど、いろんなシーンがフラッシュバックしてきたよ^^


昼と夜でだいぶ違う顔を見せるホイアンの風景。

まずは写真で★

ホイアン-ホイアン- 020

ホイアン-ホイアン- 021

ホイアン-ホイアン- 022

ホイアン-ホイアン- 019

ホイアン-ホイアン- 041

ホイアン-ホイアン- 025

ホイアン-ホイアン- 026

ホイアン-ホイアン- 027

ホイアン-ホイアン- 031

ホイアン-ホイアン- 029

昼間の見所は、真っ黄色で統一された町並みの風景。

ところどころ飾られているピンクのお花が黄色の壁の上で映えててすごく綺麗だった!!!

それから、たまにドアのところを青色で塗ってるお店もあったり、

オーダーメイドのお洋服屋さんの店頭にはずら~っとカラフルな衣装を纏ったマネキンがいたり。

古い町並みなんだけど、ポップな色使いをしてるところが可愛くて、視覚的に楽しませてもらいました★


そして、夜は一変。

綺麗な堤燈や町並みの光が川にゆらゆらと浮かび上がります。

ホイアン-ホイアン- 064

ホイアン-ホイアン- 062

ホイアン-ホイアン- 060

ホイアン-ホイアン- 054

ホイアン-ホイアン- 065

ホイアン-ホイアン- 070

ホイアン-ホイアン- 072

ホイアン-ホイアン- 073

ホイアン-ホイアン- 076

ホイアン-ホイアン- 077

ホイアン-ホイアン- 067

ホイアン-ホイアン- 069

どうです~~~~?^^

夜のホイアンもかなり素敵!!!!!!

どちらかというと夜の方が見ごたえがあると感じました。

ロマンチック度もグーーーンと上がります★

特に堤燈がたくさんぶらさがっている橋周辺はカップルたくさん!

一人で来たことを少し後悔しました・・・。淋しかった。(;_;)


一人旅の方、心は少しチーーーンとなっても、

綺麗な風景は変わりなく楽しめるので*笑

ホイアンはぜひ夜まで滞在することを強くオススメします★



□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

ランキングに参加しています*
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
お暇であればワンクリックお願いします^^
□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□ 

 

 

 

 
リアルタイムはラオス南、ドンデット島!

ここは長居しちゃいそうな匂い、ぷんぷん。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
**********************


ハノイで出始めた咳が悪化し、さらにサパの寒さで風邪をひいてしまった私。

それに加え、雨というバッドコンディションだったので、サパには一泊だけして、翌朝出ることにした。


またラオカイ駅からハノイまで10時間・・・・。

ハードシートだったら嫌だー!!!!と思いつつも駅へ向かう。

到着してすぐに切符購入!

今回は2つグレードがあがり、ハードベッド(体を横にして寝れる)で行くことになった♪

こんな感じ★

フエ-サパ- 076

ハードって書いてるから下が固いんかなぁと思ってたけど、ちゃんと下敷きがある!!!!

これには感動しました~★

体調が悪いときには安静が一番・・・救われる思いでした。

同じ部屋の家族も最初話しかけてきてくれて、安心だったよ^^

子供もむーーーっちゃ可愛かった♪


そして、安眠もできたせいかあっという間にハノイ駅到着!

この時だいたい朝の5時半。あたりはまだ真っ暗~

駅前の屋台でフォーを食べて気合を入れなおし、早々と駅の切符売り場へ。

無事、ハノイから中部フエまでの列車を確保!!!

しかも今回は一番希望のソフトシート(^^)

フエ-フエ- 001

ハードシートよりひとつ上のランクのシートです。んーーー、日本のJRの席がすごくボロくなった感じかな!


それから駅で2時間程待ち、朝7時過ぎぐらいに乗車。

ちょうどわたしの近くに同じ歳ぐらいの外国人バックパッカーがやってきた^^


彼女のニックネームはエレン。スイス出身24歳。

今は韓国で英語を教えながら、休暇を利用してベトナムに来たとのこと♪

大学では法律を学んでいて、将来は弁護士になりたいんだって★

かなりスマートな感じの女の子でした^^


13時間ぐらいして、やっとでフエ駅へ到着!!!!!

エレンがいいドミトリーがあるよと教えてくれたので便乗することにした♪

欧米人が多い、HUE BACKPACKERS

フエ-フエ- 045

7.5ドルでお財布には痛いけど、かなり清潔&朝食付!

部屋の外にはくつろげる椅子などもあって、超快適なのです*

その日は移動で疲れていたので早めに眠りにつきました★


次の日、エレンも一人だったので一緒にフエ市街を散策することに♪

有名な王宮にて^^

フエ-フエ- 010

エレンとの会話は7割恋愛トークでした。エレン可愛かったあ~★ピュア!

そして彼女の目はすごく繊細らしく、サングラスがないとダメとのことで、レッツお買い物タ~イム♪

「これどう?これは?」って聞いてくるんだけどね、

全部似合う!!!!!

値段とにらめっこしながら、しっかり光を遮断してくれるモノを購入してました^^

正直、すんごく嬉しそうな笑顔に始終ノックアウトされそうだった~!いや、されてたな\(^o^)/


10月ぐらいにはスイスに帰る彼女。

ヨーロッパを巡る際に時間あらば、会いに行きたいと思います^^

フエ-フエ- 008

Thank you, エレンガール!!!★


□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□

ランキングに参加してます*
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
クリックよろしくお願いします^^

□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□□■□■□■□ 

 

 

*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2012 misa-tabi blog, all rights reserved.

美紗子

Author:美紗子
ブログでは2012年8月〜2013年3月までの旅の軌跡とその後の日常や出来事について綴っています。

現在は福岡に生息中。

気ままに更新いたします♪

★旅のキッカケ (1)
★旅のルート (5)
★旅の準備 (3)
  -持ち物 (15)
  -お金 (3)
  -予防接種 (1)
  -手続き関係 (5)
  -ゲストハウス (1)
  -その他 (18)
★出発直前編 (1)
■タイ(1カ国目)■ (6)
■ラオス(2カ国目)■ (4)
■ベトナム(3カ国目)■ (5)
■ラオス(再)■ (5)
■カンボジア(4カ国目)■ (5)
■スリランカ(5カ国目)■ (9)
■インド(6カ国目)■ (16)
■ネパール(7カ国目)■ (3)
■ヨルダン(8カ国目)■ (4)
■イスラエル(9カ国目)■ (2)
■エジプト(10カ国目)■ (5)
■モロッコ(11カ国目)■ (4)
■スペイン(12カ国目)■ (2)
■フランス(13カ国目)■ (1)
■ペルー(14カ国目)■ (5)
■ボリビア(15カ国目)■ (8)
★世界のゲストハウス (0)
●タイ編● (3)
●ラオス編● (3)
●ベトナム編● (1)
●カンボジア編● (1)
●スリランカ編● (2)
●インド編● (4)
●ネパール編● (2)
●ヨルダン編● (1)
●イスラエル編● (1)
●エジプト編● (2)
●モロッコ編● (2)
●ペルー編● (1)
●スペイン編● (1)
●ボリビア編● (1)
★行きたいとこリスト(国内編) (2)
★行きたいとこリスト(海外編) (5)
★ゆるり旅(九州編) (8)
★未分類 (35)
福岡ライフ (3)
宮島ライフ (3)

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QR

見ていただいてありがとうございます♪

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。